代表者ごあいさつ

政府の2050年カーボンニュートラル宣言により、わが国の脱炭素・エネルギー対策は新たなステージに突入しました。離島である対馬にとって化石燃料から再生可能エネルギーへのエネルギーシフトは、脱炭素化のみならず地域社会の未来のためにも避けて通れない問題です。一方で再エネへのエネルギーシフトは地域振興の大きなチャンスでもあります。

当社は地域の森林資源などの木質バイオマスを活用した「ESCO型の熱供給サービス」という新たなビジネスを地域で展開していきます。石油やガスに変わって、木質バイオマスエネルギーを対馬のみなさまが安心して使えるようなサービスです。このサービスを通じて、対馬の森林再生、林業振興を支え、さらに生物多様生の保全、災害防止抑制、地域経済振興など、広く対馬の活性化に貢献してまいります。

木質バイオマスを端緒として、対馬のさまざまなエネルギー問題への取組を進め、地域から愛され、頼られる企業を目指し邁進していく所存です。