理念

かつて対馬では、山で木を伐り薪や炭を作ることで、熱エネルギーを生み出していました。

今では、電気やガスといったエネルギーを使うことが当たり前となっていますが、人が山に入らず木を使わなくなったことで、山は荒れ有害鳥獣は増え続ける一方です。

対馬の山を守る為、我々は再び木を使い熱を供給し、対馬島内でエネルギーの地産地消を行ってまいります。

カーボンニュートラル、SDGsの達成に寄与すべく、努力してまいります。